プロジェクトPROJECT

PROJECT
INFO

開発コード:EKK コロッケ専用ソースを開発せよ!

令和2年5月、新型コロナウイルスにより経済活動が大きく制限されるなか、売り上げの減少に悩む事業者様から経営サポートの依頼が舞い込みました。

その事業者様とは安芸津にある「大浦鮮魚店」さん。刺身や総菜などの店頭販売と仕出しが経営の柱です。
「コロナで売上が減ってしまって…缶詰製品の製造を考えてみたりしているのですが…」
そんな相談に頷くのは”繁盛店にこの人あり”飲食店コンサルタント/カエルカンパニーの岡崎美紀子先生です。

「私のクライアントさんは、この自粛モード”だからこその”テイクアウト需要を捕まえていらっしゃいます。ある鮮魚店は店頭の売り場面積を増やして売上を2万円から20万円に拡大したり、ある焼き鳥店は新たに始めた弁当で2万円/日を稼いだりと大変盛り上がってますよ!」

「そうなんですか…(驚)」
「売り上げの減少はコロナのせいではありませんよ!さぁ、大浦鮮魚店の未来を掴む勝負手を考えましょう!」
優しい口調ながらズバッと切り込む岡崎先生、早速大浦鮮魚店の強みを探していきます。

《導入編》

岡崎先生:「お惣菜を扱っていらっしゃるんですね。凄く美味しそう、しかも安い!安すぎ!」
大浦さん:「調理が難しくなった高齢者向けに惣菜を作って欲しいという地域の声がありまして…」
大浦さん:「海苔も干瓢も国産なんです。外国産も含めていろんな産地の素材を試してみたんですが、やっぱり美味しさを追求すると国産になってしまって。妥協できないんですよね(苦笑)」
大浦さん:「このアナゴも食べてみてください、冷めても美味しいですから。」
岡崎先生:「仕出し用の冷蔵車もある。今一番みんなが欲しがる設備を既にお持ちなのも武器ですね!」

試食しながらワイワイと盛り上がるアイデア出し!最後は岡崎先生のこの一言!
「鮮魚店が作るお弁当、これが既にブランドです。今ある惣菜を弁当に仕立てて売り出しましょう!」
こうして最初の一手は決まり、まずは「イワシの蒲焼弁当」を発売することになったのでありました。

ですが、もう一つ。お惣菜の中に気になる存在が…そう、コロッケです!
あっこお婆ちゃん:「これ食べてみて。一つ一つ手作りしとるんよ。」
一同:「美味しい、エビの香りと小粒ながらプリっとした触感、たまらないですね。」
あっこお婆ちゃん:「ジャガイモも安芸津の特産、赤土じゃがいもを使っとるけんね。」

直ぐにコロッケ弁当が頭に浮かぶもただ売り出すのではインパクトがない…
何かいい手はないかな、あっ、ミライノ+の藤田CFOは元某ソースメーカーの研究者…う~ん…
「そうだ!コロッケ丼専用のソースを開発して売り出しましょう!卵かけ専用醤油のような、いかがですか?」
「面白そう!(一同賛成)」
こうして大浦鮮魚店のお弁当プロジェクト、ミライノ+監修コロッケ丼専用ソースの開発が始まったのでありました(*’▽’)

《ソース開発編》
開発コード:EKK

「おっ、幟も立ってますね~!」
「道行くお客さんに『弁当あるの』と立ち寄っていただけるようになりました。」

イワシの蒲焼弁当も順調に滑り出し、さぁ今日から次なるキラーコンテンツ開発に挑戦です!

「隠し味のチョコレート、計ると少なく感じてちょっと多めに入れてみたら完全にチョコ味になっちゃって(失敗!)」
もう既にいろいろと試行錯誤されている様子、素晴らしいですね!
ではここから藤田CFOがソースブレンドのコツをサポートさせて頂きますね!


【簡単!ソースブレンド】

1)レシピを決めます!
>ベースのソースにケチャップや果汁など
2)材料を計量して鍋に投入、加熱します!
>気泡が出るまで。殺菌は十分に!

3)冷ましから再計量、”製造秘密のあるもの”をチェック!

この日の試作したソースは2種類
一つ目は鮮魚店ならではのあるものを配合してみました、が…
「これは匂いが…」
イメージとは裏腹にちょっと失敗です、苦笑。
次におばあちゃん手作りの「柚子味噌」があると言うことで…
「これ、甘くて美味しいですね!」
「でも、コロッケとの相性に改善の余地ありですね!」
赤土じゃがいもの甘み、エビの旨味に合う絶品ソース、「美味しい」をお届けするため試行錯誤は続きます!
えっ、開発コードの意味です!?

えび(E)香る(K)コロッケ(K)

《試食会編》
開発コードEKK ついにお披露目です(*’▽’)

令和2年7月8日(水)
ミライノ+に集まったのは、グルメライター浦山寧子さん、三ツ星大学佐藤学長をはじめ、食べ盛りの現役大学生を含む5名の面々。
多くの報道陣もカメラを向ける中、いよいよEKK、お披露目です。

「えびの香りがすごーい!」
ソースなしの単品でもその美味しさは折り紙付き!との評価を頂きましたが、そうは言わず召し上がってみてくださいw
今日の試食会に向けて3種類の新ソースを準備させていただきました。
「いかがでしょう!?」
コロッケをパクパク頬張るゲストのみなさん、地産地消オリジナルブレンドソースがコロッケの味を引き立てて食欲をそそります!

この日準備したのは
A 完熟トマトのコクウマソース
B 完熟トマトのピリ辛ソース
C カレー風味の濃厚ソース
「どれも美味しいね、迷う~(。-∀-)」
「ソース単品だとCが一番かな。お肉とも合いそう!」
「Aはマイルドですね。トマトの甘味が最高です!」

投票の結果、一番人気はBソースが獲得しました!

皆様のご意見も参考に再度味を調整して、7月21日(火)丑の日、いよいよ一般発売開始です!

「このソースプロジェクトを通じて、従業員がワクワク仕事をしてくれたのが本当に嬉しい!」
「お袋も毎日惣菜づくりに精を出してくれています(^_-)-☆」
大浦さんの汗に充実感が滲みます!

コロナ禍時代を生き抜く大浦鮮魚店の挑戦、みなさんもぜひ一度、自慢のソースお試しください!

プロジェクト概要

テーマ開発コード:EKK コロッケ専用ソースを開発せよ!
日時2020年04月01日(水) ~03月31日(水)
場所東広島イノベーションラボ ミライノ+
大浦鮮魚店(安芸津町)
申込みについて

このプロジェクトへのコメント

Avatar

こんにちは!はじめてコメントします^^
イワシの蒲焼とっても美味しそうです!おいくらなんですか?
あと、オリジナルソースにも興味があります。
ソース作りなど、自社商品にオリジナリティを見出すための相談などもこちらで受けていただけるのでしょうか?

お魚大好き2020年7月20日

返信
mirainoplus

こんにちは! コメントありがとうございます(*´▽`*)
イワシの蒲焼弁当は650円(税込:R2.7現在)ですw
ソースもぜひ味わってみて、また感想を教えてください!
オリジナリティづくりに関するご相談ですね、はい、大浦鮮魚店さんも活用された「プロフェッショナル人材活用事業」をお勧めします。
飲食系だと岡崎美紀子先生を軸にマッチングさせていただきます。
その他、デザインや動画等のコンテンツ制作にも対応可能です。
まずは一度お気軽にご相談ください。

mirainoplus2020年7月20日

返信

コメントを残す

CAPTCHA


※コメントは認証制です。反映まで時間がかかる場合がございます。

その他のプロジェクト

  • ただいま記事がございません。
記事の一覧へ