アーカイブレポートARCHIVE REPORT

REPORT

キッズキャリアスクール2020(第2期 1日目)

「自分が本当に好きなことって何かな。」「自分はどんな人間なのかな。」
自分を深く知るための100本ノック、スタートです!

キッズキャリアスクール 2020(第2期 1日目)
今回もリ・カムアクロス(豊栄)さんのアンティーク家具で飾り付けられたミライノ+に、小学4年生~中学1年生の個性豊かな子どもたちが集まってきてくれました!
ビロード調で仕立てられた赤や緑の椅子やソファーがひと際目を引きます、誰が最初に座るのかな(笑)
このスクールの概要は第1期のアーカイブレポートで既にご報告させて頂きましたので、ここではもう少し具体的なやり取りを通じてスクールの雰囲気を味わっていただきたいと思います。

それでは始めましょう!はじめに奥先生から今日の大事なルールのお話しが…
「これから自分にまつわる話をみんなでたくさんするけど、ここは安全な場所です。正解不正解はないし、誰も否定しないので一日安心して話しましょう。」
この言葉の魔法があるからこそ、子どもたちは安心して手を挙げて発言できるんですね。

さて、まずはお互いに自己紹介です。でもこれが普通じゃないんです、もう既に、苦笑!
「コーヒーを自分で焙煎して飲むことが趣味です!」
「アメリカで2年過ごしたので英語は大体話せます!」
「ユーチューバーを目指しています!」
「モデルになりたいです!」
驚きですよね、スタッフもみんな同じ気持ちです!こんな個性溢れる子どもたちの気持ちをしっかりグリップしながら、さらに「自分を知る」ための問いをどんどん投げかけていきました。

例えば、こんな流れです。
Q.好きな公園の遊具は?
「シーソー!」 → 「何でシーソーが好きなの?」 → 「楽しいから」 → 「楽しいと思う理由はあるかな?」 → 「シーソーにうまい下手はないから…かな⁉」
Q.自分を色に例えると?
「むらさき!」 → 「むらさきいい色だよね。でも、なんでむらさきなの?」 → 「明るい赤と落ち着いた青でできている2面性が自分みたい!」
こうやって次々に何で?何で?と投げかけられる問いに対して答えを深堀していきながら、さらに先生や友達から質問や感想をフィードバックすることで、本人も気づいていなかった“自分”を新しく発見していきます。

「やっぱり動物がキーワードだね。」「おしゃれとかカッコいいがいっぱい出てくるね。」「体を動かすことが好きなんだよ!」「仲間を大切にするのが芯にあるんだね。」
次々もらえるフィードバックで自分がどんどんクリアになっていきます。

「将来は仲間たちと一緒に社長になりたい。まずはいったん外に出て世界を俯瞰したあと、広島に帰ってきて仲間と一緒に会社を経営する。」なんていう頼もしい中学1年生も!
先生たちも「彼なら絶対実現する。なぜなら今言葉にできているから。」と彼の将来を疑いなく信じていらっしゃいました。
今日のミライノ+スクールでの経験が子どもたちの未来を少しでも後押しできれば幸いです。

講座が終わった後、一日頭をフル回転させた子どもたちにインタビューしてみました。
「むちゃくちゃ疲れた~。でもいっぱい発表できて楽しかった!」
「宿題を家で家族と考えるのが楽しみ!」
「まだまだ足りないから、今から図書館で好きな本を借りに行ってきます!」
笑顔で笑いながら帰っていく子どもたちの後ろ姿に、私も元気を頂きました!負けずに努力しよう!

次回11月15日(日)はプレゼンテーションを通じて自分をアウトプットします。僅か1か月、されど1か月、この期間でこの子たちがどこまで飛躍するのか、発表の時が今から待ち遠しいです!

会場は南北の窓/扉を大きく開け、サーキュレーターや空気清浄機も併用してしっかり換気を行いました。マスクの着用、アルコール消毒へご協力いただき、本当にありがとうございました。

開催概要

テーマキッズキャリアスクール2020
日時2020年10月18日(日) 10:00~17:00
場所東広島イノベーションラボ ミライノ+
定員7名
申込みについて

>>ご参加ありがとうございました!

その他のアーカイブレポート

  • アーカイブレポート

    三ツ星大学★★★コーヒー編(2日目)

  • アーカイブレポート

    キッズキャリアスクール2020(第2期 2日目)

  • アーカイブレポート

    三ツ星大学★★★コーヒー編(1日目)

  • アーカイブレポート

    大人も熱狂!>>アート思考ワークショップ

記事の一覧へ